TOP>市民風車>市民風車の仲間たち>オープニングイベント風が奏でる音楽祭

自然エネルギーを応援する
たくさんの市民の協力により誕生した
市民風車・石狩「かりんぷう&かぜるちゃん」。
その オープニングを記念して、
風車の電気を使ったコンサート
「風が奏でる音楽祭」を行ないました。

石狩に誕生したかぜるちゃんとかりんぷう。
未来の環境を考える新しいシンボルとして、
石狩のみなさんはじめ
多くの方々に愛され、親しまれますように!

みなさん、どうぞよろしくおねがいします。


  日時 2005年6月18日(土)13:00〜16:00
  場所

市民風車・石狩 野外特設会場
(石狩市新港南3丁目 市民風車・石狩敷地内)

  主催 NPO法人 北海道グリーンファンド
  協力 NPO法人 ひとまちつなぎ石狩、生活クラブ生活協同組合、北海道平和運動フォーラム
NPO法人 環境エネルギー政策研究所
  後援 石狩市、札幌市、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)


  ・庄野真代
1975年「ジョーの肖像」でデビュー。「飛んでイスタンブール」が大ヒット(1978年)するも、突然休業し、世界一周旅行に出発(1980年)。一年間で28ヶ国、132都市をまわる。
1999年にナイロビの国連で開かれた環境イベントに参加しテーマ曲を提供、ボランティア団体を作り、施設などへの訪問ライブ開始(2001年)、に山古志村応援コンサート開催(2004年)など、地球や地域に目を向けた活動を積極的に展開。一人ひとりの力が世界を変える!を実践する地球市民。

・パロシクス
2001年に結成。現在「小樽倉庫No.1」にて音楽とダンスのライブショーを展開。ヨーロッパ古楽や世界の民謡をユニークなアレンジで演奏する世にも不思議なオルケスタ。

 ・ネイキッドバディーズ
2003年結成。フリージャズビックバンド「渋さ知らず」など様々な現場で作曲や演奏、美術を担当する3人。空の下が良く似合う、自由な旅のようなライブ。

黄色の○で囲んでいるのが
今回の会場・ステージ
風車概要の説明 電気自動車とソーラークッカー 小型風車
手回し発電機でエネルギー体験
風車見学会に並ぶ人は途切れず…。 上空78mのナセルへと続く
長〜いハシゴ
「もうすぐ私の順番なの。早く見たいなぁ」
おとなもこどもも興味津々。
風車の大きさを実感!

太鼓の演奏
石狩市立樽川中学校石狩太鼓同好会
※地元中学校で唯一の太鼓同好会による演奏
名付け親による久寿玉割り!
「おめでとう市民風車誕生」
風車の下でのんびり、ゆったり…。
<市民風車・石狩「かりんぷう&かぜるちゃん」誕生 お祝いのメッセージ>
石狩市長 田岡克介さん 株式会社アレフ
恵庭エコプロジェクト室長 嶋貫久雄さん
株式会社カタログハウス取締役
えこひいき事業部長 竹本徳子さん
生活クラブ生活協同組合理事長 伊藤牧子さん 環境エネルギー政策研究所所長 飯田哲也さん 市民風車・石狩の出資者から一言!
よろこびのメッセージ
風車建設・メンテナンス関係者紹介
住友電設、戸田建設、ウインドα、ベスタス

今日はみんなで風車を見に来たの〜
風車って大きいねぇ〜

アレフさん協賛の飲食コーナーで
お腹もいっぱい、ビールもさいこ〜!
あとはのんびり風車の下でコンサート
環境NGOsezorockのごみゼロナビゲーション。
7分別し、生ごみ残飯は堆肥へ、
竹箸は竹炭に、アレフさんの協力です。
かりんぷう&かぜるちゃん
誕生記念Tシャツ販売!
石狩産アスパラ、いちご、カブ、長いも
どれも新鮮、安い!おいしいよ〜

「市民風車」トップページに戻る