TOP>市民風車>市民風車の仲間たち>オープニングイベント風が奏でる音楽祭(かなみちゃん)

自然エネルギーを応援するみなさまの協力により、
石狩市に3機目の市民風車が誕生しました。
公募で名づけられた風車の愛称「かなみちゃん」。
石狩の「風」と「波」をイメージしています。

「かなみちゃん」の誕生を記念して
「風が奏でる音楽祭」を開催しました。

普段は見ることも触れることもできない
「風車の電気」を使ってコンサートを行い、
風の力、自然エネルギーの可能性を感じてもらう他、
風車内部を公開した風車見学会、
地元石狩を中心に「にぎわいテント村」もオープン。
200名を超える方の参加をいただき、
「かなみちゃん」の下で、
のんびりとした初夏の一日を過ごしていただきました。

この「風が奏でる音楽祭」には 地元石狩市をはじめ、
多くの企業・団体による協力、協賛をいただきまして
開催することができました。
ご支援いただきましたみなさまに、
あらためて感謝申し上げます。

会場の様子
日時 2008年7月12日(土)
場所

市民風車・石狩 野外特設会場
(石狩市新港南3丁目 市民風車かなみちゃん敷地内)

主催 風が奏でる音楽祭実行委員会
(NPO法人北海道グリーンファンド、NPO法人 ひとまちつなぎ石狩)
協力 企業組合地域食堂きずな、株式会社えりすいしかりネットテレビ、株式会社環商事、環境NGO ezorock
後援 石狩市、石狩市教育委員会、札幌市、北海道新聞社
協賛 株式会社アレフ、住友電設株式会社、北海道平和運動フォーラム、株式会社アルバイト情報社、グリーン織田、株式会社関電工、四電エンジニアリング株式会社、株式会社クルーズ、アイピーピージャパン株式会社、イーソリューション株式会社、石狩商工会議所、石狩総合管理協同組合、石狩管工業事業協同組合、財団法人石狩市体育協会、株式会社前田電機製作所、連合北海道石狩地区連合会、株式会社北央事務機、大地を守る会、岩倉建設株式会社、つうけんビジネス株式会社

 


田野崎 文 tanosaki aya シンガーソングライター
1983年生まれ 北海道出身

2003年よりピアノ1本で弾き語りライヴスタート。
2004年ミニアルバム『自分』でインディーズデビュー。
2005年10月ミニアルバム『心ごころ』でメジャーデビュー 。 東京都内 地元北海道を中心に精力的にライヴ活動を展開中。

10年後も20年後も歌っていたい。
色んなモノを飛び越えて人の心に届いて ちゃんと残る音楽を作って歌っていきたい。
音楽はすごい力があるって信じてる。
  
  田野崎文さん ホームページ http://www.tanosakiaya.com/

田野崎文さん

石狩エンジェル・クレア少年少女合唱団
1984年創立。幼稚園児から高校3年生までが所属している石狩在住の少年少女合唱団。 田野崎文さんも在籍していました。

石狩混声合唱団
石狩公民館を拠点に活動する。団員30名余の混声合唱団。

ノースレインボウ
カリブ海の国、トリニダード&トバコ発祥の不思議な楽器、スチールパン。この楽器の音色に惹かれ、導かれるようにメンバーが集まり、2005年活動を本格的に開始。

 

FMカンパニー
ウェルカムソング:FMカンパニー よさこいソーラン:石狩流星海 出演前の最後の練習…
石狩市長 田岡克介さん 風車建設に対する感謝状の贈呈
(住友電設株式会社 梅田様)
愛称発表:表彰式
「かなみちゃん」に決定
企業組合地域食堂きずな

環境NGO ezorock

ezorockのごみナビゲーション。
分別リサイクルをすすめました。
日本地麦酒工房 ワーカーズコレクティブ「えこふりぃ」

「かなみちゃん」の名付け親
石狩市在住のNさん母子です。
ビオプラス西條デザイン 手回し発電機で電気をつくろう! 風車見学会
タワーの中で発電の仕組みなどを紹介

「市民風車」トップページに戻る