TOP > シンポジウム「暮らしにせまる 気候変動の脅威」

シンポジウム 暮らしにせまる 気候変動の脅威 気候変動をはじめとする様々な環境変化が世界各地から報告されています。自然界ではどのようなことが起きているのか、北海道の農業にはどのような影響があるのかなど、専門家からの報告をもとに、わたしたちができることを考えます。

と き:2015年12月19日(土)13:00〜16:40(12:30開場)

ところ:TKP札幌駅カンファレンスセンター カンファレンスルーム2B
(札幌市北区北7条西2丁目9 ベルビュオフィス札幌2階) 地図はこちら

参加費:無料

定員:100名(申込先着順 定員に達し次第、締め切ります) 申込はこちら

━━━ プログラム ━━━

【第1部】

講演:

  「地球環境変動と生物多様性異変」
  講師:五箇公一氏

  (国立研究開発法人国立環境研究所生物・生態系環境研究センター主席研究員)
  「温暖化は北海道の農作物にどう影響するか」
  講師:中辻敏郎氏

  (地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場研究主幹)

【第2部】

パネルディスカッション:

  「わたしたちは、気候変動にどう立ち向かうのか?」
  パネリスト:五箇公一氏、中辻敏郎氏
         岡崎朱実(NPO法人北海道グリーンファンド理事)
  コーディネーター:小林三樹氏(公益財団法人北海道環境財団理事長)

 

活動団体アピール:

★ 申込方法★

お名前、ご所属(団体・組織)、連絡先(日中連絡が可能なもの)、メールアドレス、北海道グリーンファンド会員(はい・いいえ)を
お書き添えの上、メール(office[@]h-greenfund.jp )またはフォームで、お申込みください。

お手数ですが、Facebookページよりお申込みいただいた方もできればメールでもご連絡ください。

★チラシ(PDF) ★ 

こちらからダウンロードできます

━━━ 講師プロフィール ━━━

五箇 公一(ごか・こういち)氏
1965年生まれ。京都大学大学院農学研究科農 林生物学専攻修士課程修了。博士(農学)。
現職:国立環境研究所・侵入生物研究チーム 主席研究員。
専門:保全生態学・環境毒性学、特に外来生物および農薬による生態系影響評価および対策。
著書:「クワガタムシが語る生物多様性」(単著、創美社)、「リスク学事典」(分担、阪急コミュニケーションズ)、「ダニの生物学」(分担、東京大 学出版会)、「外来種ハンドブック」(分担、地人書館)、「生態学からみた野生生物の保護と法律」(分担、講談社)、「いきものがたり」(分担、ダイヤモンド社)、「外来生物の生態学―進化する脅威とその対策」(分担、文一総合出版)、「日本の昆虫の衰亡と保護」(分担、北隆館)など。

中辻 敏朗(なかつじ・としろう)氏
1989 年北海道大学農学部農芸化学科卒業。博士(農学)。
現職:北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場研究主幹。
道立天北農試、農研機構中央農研、道立中央農試を経て2013年から現職。専門は土壌学。これまで、環境保全型農業のための土壌・施
肥管理、硝酸性窒素による地下水汚染の防止、地球温暖化の作物生産への影響評価などの研究に従事。
小林 三樹(こばやし・みつな)氏
高度経済成長によって日本中の環境が激変する1960年代から、東京都水道局、北海道大学工学部衛生工学科にあって、それぞれの時代が直面した種々の環境課題に関わってきた。現在は藤女子大学に在職し、乾燥化が進むアフリカサハラ砂漠周辺国政府で飲み水・衛生環境の改善を所管する人材の強化研修(JICA 事業)を担っている。北海道環境財団では、環境保全活動に取り組む多様な団体への中間支援に当たっている。
岡崎 朱実(おかざき・あけみ)
1978年広島大学文学部卒業。1986年より北海道に居住。同年に起きたチェルノブイリ原 子力発電所の事故をきっかけに、環境問題に関心を持ち、以来、ごみ問題や省エネルギー、行政との協働などの分野で活動。北海道地球 温暖化防止活動推進員、家庭の省エネエキス パート(診断・指導級)他。NPO 法人北海道グリーンファンド理事。

 ●主催:NPO法人北海道グリーンファンド

 ●後援:環境省北海道地方環境事務所、北海道、札幌市、環境省北海道環境パートナーシップオフィス
     公益財団法人北海道環境財団

 ●協力:合同会社エネロスバスターズ、えべつ地球温暖化対策地域協議会、一般社団法人くしろソーシャルデザインネットワーク
      札幌市環境プラザ(指定管理者: 公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)、さっぽろ地球温暖化対策地域協議会
      NPO法人八剣山エコケータリング、NPO法人ひまわりの種の会、ファーム・レラ
      北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク、NPO法人南北海道自然エネルギープロジェクト


<平成27 年度 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金助成事業>