TOP> 省エネルギー行動研究北海道交流集会vol.7(オンライン)

 

省エネルギー行動研究北海道交流集会vol.7(オンライン)

行動をそっとあと押し「ナッジ」の実践  〜北海道行動デザインチームとその取り組み


 省エネルギー行動研究北海道交流集会は、自治体や市民活動団体、事業者等の多様な主体が、省エネルギー行動に関する科学的知見の情報共有や、地域性を踏まえた取り組み事例に関する情報交換等を行うことで、各主体の実践の促進や深化をはかることを目的としています。

 「ナッジ(nudge)」は、選択の余地を残しながらも、より良い方向に進めるようにそっとあと押しすることで行動変容を促す手法です。がん検診などの受診率の向上対策など、保健分野での取組が先行していますが、近年省エネ行動の推進など環境分野での取組にも期待が高まっています。2017年に、ナッジ理論の提唱者のリチャード・セイラー博士がノーベル経済学賞をとったことを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 今回は、ナッジを活用した取り組みを試行している「北海道行動デザインチーム」の倉野さんに、お話をお聞きします。会社や地域、家庭で、「もっとみんなが行動してくれたら」とお思いの方、「ナッジの活用」ってどんなことをするのだろうかと気になる方、そもそも「ナッジ」って何?とお思いの方などなど、みなさんのご参加をお待ちしております!

日時:2020年12月16日(水)19:00〜20:30

場所:オンライン
*受講にはインターネット環境とPC・タブレット等でオンライン会議アプリ「Zoom」を使用できる環境が必要です。
*申込者に、前日までに、アクセス先をご連絡いたします。)

お話:倉野健人さん
(北海道環境生活部環境局循環型社会推進課一般廃棄物係、北海道行動デザインチーム)


〈北海道行動デザインチームとは?〉

「本当に伝えたい人には情報が届かない」「いくら呼び掛けても行動にまで繋がらない」―。そんなありふれた課題の解決に向けて、新たな行動変容手法として世界的に注目されている「行動デザイン(ナッジ等)」の有用性を、普及・実証・伴走支援により、地域に浸透させることで、道内により優れた公共サービスをつくっていく。このような趣旨のもと、道庁職員有志によるボトムアップ型の政策検討チームとして設立しました。令和2年10月からは総合政策部による公式業務としても展開を開始しています。


定員:特になし (無料)


申込: イベント申込フォーム https://pro.form-mailer.jp/fms/12981b30211682
メール:VFF14537[at] nifty.com *[at]を@に修正して送付してください。

主催:NPO法人 北海道グリーンファンド